大切な人に食べてもらう
瞬間をイメージしながら
クオリティの高いお菓子
づくりを実現したい

MANUFACTURING MANAGER生産管理担当

入社5年目

子どもの頃からの
夢を叶える仕事に

小学校の卒業文集を開くと、「将来の夢はパティシエ」と書いてあります。小さい頃からケーキが大好きで、家族に連れられてケーキ屋さんのガラスケースをのぞきこんで、胸をときめかせていたことを覚えています。家でケーキづくりに挑戦してみると思ったほど上手にできませんでしたが、洋菓子づくりの道に入ることができて、私の夢はほぼ叶った!と思っています。
現在、私は生ケーキの生産管理を担当しています。入社後は工場での現場研修。スポンジケーキ班やデコレーション班などの工程ごとの班に属し、各班でケーキづくりを学びました。想像以上に大変で、集中力を要する作業。繊細で美味しいケーキをお店に届けるまで、多くの人の手がかかっていることを身をもって知りました。このことは生産管理の仕事をする中で、私がいつも念頭においていることです。だから、私のテーマカラーは「ピンク」。生産管理は、みんなが円満に、幸せな気分で仕事できる環境づくりをしたいと考えています。

予測して計画を立てる
「生産管理」の奥深さ

生産管理の仕事は、店舗から毎日注文が入るケーキの受注数に合わせて、工場の製造ラインの配置を決め、従業員のシフトを組み、生産計画を立てていきます。時間通りにケーキを仕上げるためには、製品ごとに製造ラインを割り当て、十分な人員を配置して、複雑なパズルを組み合わせるように計画を立てていきます。
生産管理担当者の力量が問われるのは、クリスマスなどのイベントシーズンや新商品の登場時です。クリスマス前は、“クリスマス会議”が開かれ、前年度の販売実績や、前後の休日配置などから販売数の予測を立てて、ライン配置や人員確保などの準備を先取りして進めます。また、新商品が登場するときは、最近の洋菓子トレンドなどから生産量を決めていきます。私は経験が浅く難しいのですが、上司や先輩は長年の経験や勘から的確な数字を挙げていきます。いつか私もそのぐらい先を見通せる生産管理担当者になれたらと思いながら、仕事に取り組んでいます。

一人だけで頑張ろうとしない
みんなを巻き込むことで
自分を超える仕事ができる

効率と品質を両立する
生産計画を日々考える

プレジィールのケーキづくりは、洋生菓子部門の約180人の従業員に支えられています。繁忙期は、シフトを増やしたり、量を増やすなど生産体制の強化を要請することも多々あります。そんなとき、全力を尽くして応えてくれる心強い仲間です。
現場の皆さんが120%の頑張りで応えてくれるからこそ、できるだけ無理のない生産計画を立てる責任の大きさを感じています。工場の働きやすさは、ライン配置やシフト体制次第で大きく変わってきます。とくにケーキのような細かな手作業を必要とする洋菓子は、スピードと効率を求めるだけでは品質は維持できません。生産計画を立てるときは、必ず最後に全体の流れをよく見直して、工場の仲間に負担がかからないよう自分なりに確認するように心がけています。

力を合わせた先に
自分を超える仕事がある

入社した頃の自分を振り返ると、頑張ろう!という気持ちが強すぎて、一人で空回りしていたなあと思います。一生懸命やること、忍耐力だけは自信があったので、仕事を絶対一人でやりきろうという気持ちで働いていたのです。でも、忙しいときは、どうしても仕事が終わらず「なんで私はできないんだろう」と悩んでいました。そんなとき上司に「一人で抱えないで、まわりに相談することも仕事のうち」と言われ、ハッと気づかされました。
まわりを見渡せば、私よりずっとケーキづくりの経験や知識が豊富な人たちばかりです。素直に頼ることで、業務もスムーズに進み、みんなが快適に働けるようになる。それ以来、迷ったときや不安になったときは、必ず上司や先輩に相談するようにしました。そうすることで私自身の経験値も上がり、早く成長できると気づいたのです。仕事とは、一人だけで頑張ることではなく、みんなで力を合わせていくものだと気づかされた経験でした。

幸せな気分を届ける
ケーキをつくりたい

私の元気のモトは「食べること」です。昨年結婚したのですが、休日は二人で話題のスイーツを食べに行ったり、美味しいラーメン屋さんめぐりをしたりしています。美味しいものを食べると、とりあえず元気になりますよね(笑)。家での料理も頑張りたいと思っていますが、まだまだ修行中です。
ときどき大学時代の友達から「名古屋の催事場でオードリーのチョコ買ったよ」「ファウンドリーのフルーツタルト、美味しかった!」と報告が来たりすると、くすぐったいような誇らしい気持ちになります。休日にスイーツめぐりをするときも、「やっぱりウチのケーキが美味しい」と考えている自分がいたりします。将来、子どもができたら、私たちがつくった自慢のケーキを食べてもらいたいなと思います。プレジィールは、支えてくれる仲間がいっぱいいる会社です。私たちと一緒に、最高のお菓子づくりを実現しましょう。

接客の仕事は、人が好きで、
誰かと感動を共有したい人が
向いています

AREA MANAGERエリアマネージャー

入社14年目

新たな社内ネットワークを
構築し、働きやすい環境を
つくるのが私のミッション

SYSTEM ADMINISTRATOR情報システムプロジェクト担当

入社2年目